ERA Odyssey 奧德賽【使用設定】

ERA ODYSSEYオデッセイ 


1. 動力のない状態で、手巻きで同じ速度のまま40~50回程度回すことを推奨します。(約30~40時間保ちます。)その後は、毎日装着する事で手の揺れ動く力によってエネルギーが届き、自動的回転します。(ゼンマイを巻く必要はありません。)

2. 手巻きが完了した後は、タイムゾーンの調整をします。タイムゾーンを調整するときは、2つの指(もしくは指の爪)で平行にするように引きます。(強い力を使わとリューズが緩くなる原因となりますので、ご注意してください。)

3. 調整する際のおすすめのツールは、❶ つまようじまたは、フロススティック❷ Simカードピックアップピン❸リターンピンです。(圧力をかけ過ぎることで、傷が残る場合があります。また、尖りすぎているものご使用はお控えください。)

4. 調整表示機能キーはつまようじの先端を使っていただけます。必ずボタンの位置を確認し、中央点に合わせます。同じ強さでタップをし、表示させます。

5. 装着時の衝突防止は、機械式ムーブメントの内部機構の揺れによる脱落を防ぐためです。

 


ERA ODYSSEYオデッセイ よくあるご質問


フルカレンダーは、日付、曜日、月を表示します。時間が年と月の両方を表示できるように、新しく設計しました。年と月が変わるごとに、ご自身で調整する必要があります。また、大月(31)、小月(30)、2月(28、またはうるう年29)の終わりの日付の区別ができないため、毎月31まで作動します。以下の月(2.4.6.9.11月)は必ずご調整よろしくお願い致します。

✓ 日付調整は、1日前に調整します。例えば、本日が 30 日だとすれば、29 日に調整します。その後、調整された時間までにカレンダーが自動的に 30 日に変更されます。つまり、現在は 30 日の真夜中であることを示します。その後に今の時間に調整します。この方法を使うことで、時計が正午にカレンダーが変わること防げます。 (現在の時刻が午後または夕方の場合、一度、調整時間が12時を過ぎる必要があります。)

取り扱い注意:時計の機密部品に損傷を与えないために、午後23:00~午前5:00の時間帯に時刻と時計の機能の調整は避けてください。この間は歯車の歯合が低く、カレンダー機能が動作しているため、頻繁な動きは時計の内部部品に損傷を与える可能性があります。

【ゼンマイを巻く】リューズを引き抜かせずに前方に回転し、ゼンマイを巻きます。(長い間放置していた時計の場合は、30回程度を推奨します。)不十分な動きが原因となる時計の停止や不正確さを避けるために、時計に動力を蓄えます。

✓ 機械式時計の一般的な停止の原因は、① 時計/ムーブメントの衝撃、振動 ② 歯車がズレる ③ 磁気の影響を受ける ④ 長期間保管による潤滑油の乾燥

✓ しかし、毎日の簡単なメンテナンスで防ぐことが出来ます。

❶ 時計/ミラーをクロスで拭く

❷ 革のストラップは水に弱いため、お風呂場や温泉などで使用しないでください。

❸ ローズゴールド色の時計を着用する時は、色落ちを防ぐために、化学物質、液化ガス硫黄石鹸との接触はしないで下さい。